京都 八幡の物流会社【エフキャリー】 では徹底した安全対策のもとで、関西~関東間で物流サービス展開しています。

エフキャリーのコラム

配送サービス紹介の最近の記事

チャーター便の料金が安いほうが良いというのは危険です。

チャーター便を利用しようと思う時はどんな時ですか?
例えば、
・急に配送が必要となった。
・イベントが企画され大きな荷物の配送が必要となった。
・高価な美術品の配送依頼があった。
・一度にたくさんの荷物を送ることになった。
・時間厳守で届ける荷物ができた。
などではないでしょうか。
しかしチャーター便のような貸し切りとなると、高いというイメージが先行します。
同じ荷物を送るなら安いほうが経費も少なく済みます。
安いチャーター便を探すためにインターネットで検索をかけると、今や簡単に自分にとって必要な情報が入手できます。
非常に便利です。
だけど落とし穴もあります。
イメージ的にいいことやお得な情報ばかりを目につくように記載しているので、本来確認しなければならない情報を見落としてしまいがちです。
一度のお買い物くらいなら失敗したで終わりますが、企業の物流の場合はそうはいきません。
企業にとって物流は切っても切れない固定費でもあるからです。
だからといってチャータ便を選ぶ時、「安い」をキーワードに入れ検索をかけるのは危険です。
何故なら安いのには訳があるからです。
料金を安く抑えるということは、下記のような場合があり得ます。
・車両の点検に人手をかけてない。
・社員の研修、教育をしていない。
・車両の種類が少なく荷物にあった運び方が出来ない。
・急な荷物の配送に対応してくれない。
・チャーター便は貸し切り便なのでとホームページとは違う料金を請求してくる。
まやかしの料金設定や対応の悪さなど安い理由はたくさんあります。
安いからしかたないと諦める考え方は、大きな事故やそれを取り上げるメディアの影響もあって少なくなってきました。
しかし全くなくなったわけではありません。
信頼できない物流会社に大切な荷物を任せると、安く抑えるつもりが逆に高くつくこともあるかもしれないです。
チャーター便だからと高額な荷物の配送を任せてしまうと、実はノウハウを持ってなくて破損するかもしれないのです。
・選んで間違い無いのは実績があるか!ないか!
・ノウハウを持っているか!いないか!
・物流会社として車両の種類は多いか?少ないか?
・社員教育をしているか?していないか?
・人材を大切にしているか?していないか?
選ぶ基準は色々ありますが、何を送るか?一番の希望は何か?
時間厳守なのか、量なのか、場所なのか何を期待して物流会社選びをするかです。
弊社は全てを持っているとは言いません。
しかしお客様の必要とするものは持っています。
素晴らしい人材、用途に合わせた車両、ノウハウ。
これらを活かし駆使することでお客様の要望にお答えします。
安いかではなく安心できるからでエフキャリーをお選びください。
エフキャリーはお客様と同じくらいスタッフを大切にすることでお客様の荷物を安全、確実にお届けします。
是非ご相談下さい。

 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

安い料金のチャーター便から安全なチャーター便へ。

会社経営にとっての必要経費についての課題は常に考えなくてはならない事案です。
特に固定費は最も見直しが利きにくく、しかし対処できれば大きな成果となる部分です。
例えばお客様に注文していただいた商品を効率良くスムーズに、そして確実にお届けることは物流会社にとっては当たり前のことです。
しかし近年の価格競争において、企業間の競争は価格ばかりが対象になってしまい、安心や安全など物流会社にとって1番大切なことが後回しになってしまっています。
お客様から預かった大切な荷物にもかかわらず輸送中の扱いが悪く破損したり、時間通りに届かなくて問い合わせをしても荷物が何処にあるかわからない、など数えきれないトラブルの話を聞きます。
そういう話を聞くたびに、同じ物流の会社として情けない思いでいっぱいになります。
私達が運んでいるのはお客様からお預かりした大切な荷物です。
しかし決してそれだけではありません。
生産者様の思いも、荷物と一緒に届けなくてはいけません。
だからこそ「安い」を最も売りにしているような物流会社を選んでしまうのは危険です。
例えば下記のような点に引っかかる会社には注意が必要です。
・早く輸送するのに長けているだけ。
・一度に多くの荷物を運ぶことに慣れているだけ。
・ドライバーの安全教育をやっていない。
・車両の整備、点検を怠っている。
・ドライバーに過量運転させている。
・お客様にあった輸送コストプレゼンができない。
・料金を安く抑えることだけ考えている。
・会社だけに利益になる運営している。
安くしようと頑張った結果、本末転倒な仕事になってしまっている会社が今はたくさんあります。
価格だけで選ぶとあまりよくない会社で、物流事故の心配などがあります。
大切な荷物をそのような会社に任せてしまったがために、お届け先のエンド様などからクレームが入り、結果的に御社の信頼を失くしてしまうこともあるかもしれません。
そうならないように見る目を持ってください。
・まず安全の証のマーク G マークを取得しているか?
・相談した時にまず価格から入ってないですか?
・お客様の立場になって相談にのってくれいますか?
・輸送手段を明確にしてくれていますか?
・大切な荷物の輸送リスクをどのように解決してくれていますか
など会社選びで大切なこと、料金より安全を提案してくれる 会社を選ぶということです。
これこそが御社の荷物を信頼とともに運んでくれる物流会社ということです。
大切な荷物のことなら是非エフキャリーにご相談ください。

 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

荷主パートナー制度で、物流のリードタイムを短縮します。

リードタイムという言葉は買い手か売り手かによって意味合いが少し異なります。
買い手にとってのリードタイムは、商品を発注してから納品してもらうまでの時間のことをいいます。
売り手にとってのリードタイムは、商品の受注から発注までの時間のことです。
納期と混同してしまいそうですが、納期は商品を納品する日付を指します。
リードタイムは納期までの日数を意味しています。
納期の表し方 「◯月◯日」日付を表します。
リードタイム 「◯日間」日数を表します。
なぜ発注から納期までの時間を分解して時間のかかり具合を分析するのかというと、時間という観点から業務効率や生産性を見直すがあるためです。
リードタイムを短くできれば商品を早く届けることができます。
リードタイムは 4つの段階に分解されます。
・開発リードタイム
・調達リードタイム
・生産リードタイム
・配送リードタイム
この中の2つのリードタイムをエフキャリーに任せ下さい。
開発と生産は生産者次第ですが、調達配送はエフキャリーの荷主パートナー制度を利用していただけます。
調達は開発によって必要になった資材の在庫管理、必要になった時に御社までの配送を行えます。
配送は専門企業ですので任せていただけます。
生産者様は商品の受注を見込んであらかじめエフキャリーの倉庫に在庫を抱えておけば、リードタイムは配送にかかる期間のみとなります。
在庫を抱えすぎるのはリスクが発生しますが、発注を受けてからの生産はリードタイムが長くなるためビジネスチャンスを逃します。
タイムイズマネーといわれる商戦において、生産者様の采配は企業の根幹となります。
荷主パートナー制度はリードタイムを短縮しビジネスチャンスをものにするためのお手伝いができます。
お預かりした荷物は 24 時間 365 日セキュリティで守られており、在庫のスペース確保も心配なくなります。
荷物を自由自在に在庫、管理をすることにより御社の負担は軽減されます。
倉庫費、人件費などの固定費と荷主パートナー制と利用費用をまずは比べて下さい。
年間通しての固定費管理もスムーズにできます。
費用削減だけでなく目に見えにくいHuman burden(人的負担)も軽減できます。
これらを総合的にサポートでき継続的に利用できるのが、エフキャリー荷主パートナー制度です。
御社は常にリードタイムを意識しお客様のニーズに応え続け、弊社はその要望に応え続けるリードタイムを一緒に作っていける関係を築きたいと考えています。
どんなことでも是非ご相談ください。

 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

急な展示会場への荷物の配送は、チャーター便にお任せ下さい。

展示会は荷物の搬入の場所が特殊であったり、展示会場の都合で搬入や搬出の時間が
限られていたりと、条件が様々です。
急な荷物の配送だけでも頭を抱えてしまうのに、展示会となると条件が厳しくなります。
1番に考えるのは車両の調達と事故なく搬入してくれる物流会社です。
2番目は急な配送も快く受けてくれ、スピーディーに対応してくれる会社で 事故がなく
確実に届けてくれる会社です。

 

5ab92bc95a09cb154d7518adf1cb55e0_s.jpg

  
当たり前のことばかりですが、この必要不可欠な課題を両方叶えてくれる物流会社探しは大変です。
ノウハウも車両も持ちこれらを確実にこなすドライバーが必要なのです。

これら全てを持ち合わせるのが弊社のチャーター便です。
・チャーター便とは1台のトラックを貸し切り、荷物を運びます。
・貸し切りなので積み替え作業がなく効率的です。
・搬入、搬出に合わせての時間指定が可能です。
・展示会の大きな荷物や量も選ばずチャーター便で確実に運びます。

展示会の搬入は時間との闘いで、刻一刻と変化する道路事情により荷物の行方が心配ですが、エフキャリーなら自社の全車両に搭載しているGPSでトラックが何処を走っているか確認ができます。
チャーター便は貸し切り便の特性を活かし急な配送にも対応可能です。
チャーター便だから出来る事、チャーター便にしかできない事をフルに活用して頂けます。
活用の仕方はエフキャリーに相談してください。
貸し切りだと料金が気になるかもしれませんが、まずは予算を提示して下さい。
使用する車両、搬入先、荷物の量など考慮して料金を設定致します。
エフキャリーは安全、安心、確実に大切な荷物を搬送します。

エフキャリーの技術は多岐にわたっています。
例えば大きな水槽の輸送、設置もエフキャリーにお任せください。
大きな水槽などは特殊で、どの物流会社でもできることではありません。
アロワナ好きの社長がいるエフキャリーだからこそ高い輸送品質で対応が可能なのです。

このような例を踏まえ、展示会で使用する特殊品や高額品なども、エフキャリーならご相談いただけます。
任せられる物流会社がある事を覚えてください。
貸し切り便を自在に使い荷物を安全に送る事ができます。
他の荷物と都合を合わせなくていいので、展示会のための輸送はチャーター便がおすすめです。
展示会は搬入などさまざまな作業が控えているので、時間が大事です。
チャーター便は貸し切り便ですから、時間の指定も自由にしていただけます。
ご相談はFAXでも電話でもしていただけます。

 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

物流課題を解決へと導き、荷主企業様の問題点を改善します。

物流課題は荷主様の数だけあると思います。
御社が抱える課題を是非ご相談ください。
私達は荷物だけを運ぶのではなく長年の経験を活かし、お客様が抱えている物流課題を解決へと導きます。
 

2685794dbf7b09c539ada1e11f055495_s.jpg

 
例えば
・日常的に物流に関して頭を抱えている。
・イベントの搬入で特殊な荷物がある、大型の荷物がある。
・お客様から急に配送して欲しいと連絡があった。
・急に配送時期が延期になり倉庫が使えない。
・繁忙期に人手が足りない。
・同じ場所に定期的に荷物を送るコストを見直したい。
・大量の荷物の配送に適した車両がない。
・繁忙期の荷物の置き場に毎年苦労する。
など多岐にわたります。

どのような問題であっても弊社は今まで培ってきたノウハウを使い解決へと導きます。
エフキャリーが持っているものはノウハウだけではありません。
私共は荷物をつねに安全を重視し、確実に配送できるドライバーを目指しています。
素晴らしい人材が私共の誇りです。
責任感の強いドライバー弊社所有の多種なトラックで 間違いなく配送致します。
どのような事態にも活躍できるのは弊社のような対応力の ある会社です。
以上のことから多くの企業様から選ばれています。

まずは車両に関しての課題は車両で解決できます。
弊社は 25 台のトラックやハイエース、など取り揃えています。
・4t ウイング7、2m パワーゲート車 8 台
・4t ウイング 7、2m 車 2 台
・4t ウイングエアサス車 9 台
・ハイエースバン 1 台
・13t ウイングパワーゲート車 1 台
・13t 底床ウイングエアサス車 5 台

これだけではなく他協力会社が500 社あります。
だからこそ任せて頂けます。
まずは相談ください。
場所の課題は弊社の倉庫が解決します。
繁忙期はエフキャリーの倉庫を利用、閑散期は無駄な倉庫費は使わずにすみます。
荷物の保管を任せられる会社があれば人件費の削減にもなります。

急な配送依頼はエフキャリーのチャーター便をお使いください。
荷物の量、大きさの課題も車両が解決します。
これだけではなく日常的にどうにかならないかなと思っていることも、エフキャリーはお客様の数だけ解決策を持っています。
コスト削減したい、もっと効率良く搬出したい、お客様の要望に早く応えたい、などまずは相談して頂きましたら創業以来培ったノウハウ人材で解決へと導きます。
御社が納得していただけるコストや方法を一緒に導きます。
来社して頂くだけでなく電話でも FAX でもご相談ください。
お客様の立場になり丁寧にお答えいたします。

 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

京都で物流のアウトソースをお考えの荷主様は、お気軽にご相談下さい。

弊社の倉庫をアウトソースすることで、御社の物流コストの削減ができます。
 

84b4d4f859a11174481e2358ba982eae_s.jpg

 
倉庫のアウトソースとは
1 在庫が増えてきて保管スペースが足りなくなってしまった。
2 扱い量が増えて人手が足りない。
3 閑散時、繁忙期のボリュームがありすぎてリソースできない。
4 商品加工に手間がかかり、人材確保が難しくなった。
5 平日はあまり動きがなく、土日に作業が集中してしまう。
6 物流にかかる人的負担が重く、本業に支障をきたしている。
などのスペース問題、人的問題を解決してくれるのが倉庫のアウトソースです。

物流経費は閑散期、繁忙期の増減に関係なく固定費です。
繁忙期は倉庫スペースが必要で、閑散期は無駄なスペースになってしまします。
また人件費として繁忙期のアルバイト募集経費教育経費など、毎年必要となっている経費もかさみます。
そこで、思い切って物流をアウトソースにしてしまうことをご提案いたします。
アウトソースに変えれば物流経費は繁閑や物流の増減に応じて変わる変動費となりますが、アウトソースを利用することで無駄なコストの軽減が実現します。
自社だけでは解決が難しいスペース問題も繁閑の変動費も弊社に任せていただければ、年間最小コストで物流を管理することが可能です。

弊社は京都の物流拠点でもある城陽に倉庫を 所有しています。
私共の倉庫を利用することで経費削減のお手伝いができます。
お客様の大切な荷物をお預かりし保管、管理できます。
御社の大切な荷物を任せていただけるよう、24 時間 365 日防犯カメラで徹底して監視を行っています。

是非物流コスト削減、倉庫費用の削減など物流課題の解決にエフキャリーに相談してください。
1か月のうち荷物の配送が複数回あるような企業様、全国に複数回配送がある企業様に私共は「ビジネスパートナー」として解決策をご提案いたします。
弊社と荷主パートナー契約を結ぶことで物流コストを大幅に削減可能です。
倉庫を借りて発送までの期間保管するのに必要な倉庫賃貸料の削減や、倉庫に保管している荷物の管理に必要な人件費など、年間通して必要な経費の削減が可能になります。
弊社はお預かりし保管・発送のお手伝いが出来るだけでなく、お預かりした荷物も責任を持ってお守りします。
アウトソースにしようかお悩みの方や、初めてで相談の仕方もわからないという方は、今御社が抱えている問題をお話ししてください。
色々な角度からご提案いたします。

 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

イベント会場、展示会場への搬入・搬出はチャーター便におまかせ!

イベントや展示会などは時間の制限が厳しいです。
大型の荷物の搬入を時間に制限がある中行うのは大変な作業です。
些細なことで段取りが狂うと搬入先にご迷惑がかかります。
コンサートの搬入は時間が遅れると賠償問題にまで発展します。
もし搬送中に機材が破損していたらとんでもないことになります。
大きい荷物だけではありません。

 

aebbe0c457f01c7240cd8cd48d62177b_s.jpg

 
細かい物、細い物、ありとあらゆる物を責任持って運ぶのは簡単ではないけれど、エフキャリーは確実に運びます。
会場設営に使用する大きな什器や展示会ブースの搬入にはパワーゲート車、
破損事故の恐れがある精密機器や美術品の搬入にはエアサス車、
その他の車両は4tウイング車、4tパワーゲート車、4tウイングエアサス車、
ハイエース、ハイエースバン、13tウイングパワーゲート車、13t低床ウイングエアサス車、
21台もの豊富な車両台数を誇りお客様のそれぞれの用途や輸送内容に応じて、スピーディーな物流を可能にします。
荷物に合わせ車両を選びチャーター便で輸送致します。
チャーター便にする事でより一層時間に確実です。
 

c24edff8e567e18cc226d5f08d452bcc_s.jpg

 
全車にGPS搭載していますので、お荷物のお問い合わせにもスピーディーにお応えできます。
エフキャリーは公益社団法人全日本トラック協会認定の「Gマーク」を取得しています。
お客様からお預かりした大切な荷物を、確実・正確・丁寧に輸送する為のさまざまな取り組みが評価されGマークを取得することができました。

全日本トラック協会認定のGマークについて
全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である公益社団法人全日本トラック協会は、トラック運送事業者の交通安全対象などへの事業単位での取り組みを評価し、
一定の基準を クリアした事業所を認定する貨物自動車運送事業安全評価事業を実施しています。
この貨物自動車運送事業安全評価事業は、利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするとともに、
事業者全体の安全性の向上に対する意識を高める為の環境整備を図るため、事業者の安全性を正当に評価し、認定し公表する制度です。
平成29年12月14日現在、安全性優良事業所は24,482事業所あり、これは全事業所数の28,9%にあたります。
この割合はGマークを取得することがいかに難しいかを表しています。
弊社はGマークを頂き誇りに思うと同時に、益々安全に対しての取り組みを強化し、人材を大切にして企業としての成長をしていきます。

 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

失敗しない物流会社の選び方

物流関係の会社は非常にたくさんあります。
お客様はそのたくさんある業者の中からいい会社を選ばなくてはなりません。
もちろん金額は一番気になるところですが、サービスもとても大事です。
価格が安いのは良いですが、破損や誤配をされては意味がありません。
今回は、失敗しない物流会社の選び方についてのお話です。
 

77e8acb0b50d7fc2f37f93845f341038_s.jpg

 
下記は失敗の一例です。
・安いけれどサービスが悪い
・安いけれど誤配、破損がある
・高い上にサービスが悪い、誤配、破損もしている
このような会社を選んでしまわないようにはどうしたらいいのでしょうか。

この業界にはテレビCMもやっているような有名な会社がたくさんあります。
しかし、有名だからといっていいサービスを提供してくれるとも限りません。
場合によっては融通が利かず、お客様にとってはいい会社ではないこともあるでしょう。

物流業界は価格競争が激化し、経営危機を逃れるためにコストダウンや人件費削減などいろいろ取り組んでいます。
また、サービスの低下に関して言えばインターネット販売の普及により小口の配送が多く、慢性的に物流業界が疲れてきているのも大きいかと思います。
しかしどんなに小さな荷物でも、高額な大きい荷物でも、どちらもお客様にとって大切な荷物です。
こういう時代の中だからこそ、しっかりと仕事をしてくれる、みなさんの要望に合った物流会社を見抜いて選ばなければなりません。
以下にそういう会社を見抜くヒントの一例があります。

*荷物に合わせた車両を用意しているか
*お客様の希望に合う運び方を選べるか?
*配送時間を指定できるか?
*金額はどうか?お願いする荷物が特殊な荷物なら安さを求めるのは危険です
*安全対策はおこなっているか

弊社エフキャリーなら、さまざまな種類の車両と運行方法をご用意しております。
お客様のニーズに合わせてご対応が可能です。
どういう方法が良いのかわからなければ、ご提案もさせていただきます。
また、大切なお客様の荷物を確実にスピーディーにお届けするマニュアルがあります。
走行中のトラブルを未然に防ぐために、自社の経験豊富な整備士が定期点検も実施しています。
どの対策もお客様の荷物をご希望通りにお届けする為に、実施していることです。
物流会社の使命に3つの「安全を守る」というものがあります。

*お客様からお預かりした大切な荷物を守る。
*大切なドライバーを事故から守る。
*安全運転で地域の皆様を守る。

守ることの大切さ、物流を取り巻く環境を守ることでもっと安心、安全の向上ができます。
だからこそエフキャリーは人材を大切に働きやすい環境を作りお客様の要望にお応えします。
是非安全第一の荷物のことならエフキャリーにご相談ください。

 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

宅急便、路線便が断った長尺物の配送もお任せください!

宅急便や路線便は使い勝手もよく、頼みやすいのがメリットで、とても便利だと思います。
しかし、なんでも運んでくれるわけではありません。
頼む会社により規定のサイズはバラバラです。
単純に比べると、3辺の合計が小さい会社は130cmからで、大きい会社は170cmとなっています。
重量も20kgから30kgとこれもバラバラです。
しかも規定を越えれば容赦なく断られます。
梱包もしっかりしてないと断られます。
どうして駄目かというと、配送中に破損する恐れがあるからです。
破損した責任は荷物を引き受けた側が負担することになるので、断られても仕方ありません。
とにかく便利ですが制約もいろいろあるのが宅急便です。
しかしエフキャリーならご心配ありません。
梱包されていない荷物でも、宅急便、路線便に断られた大きな荷物、重い荷物でも配送可能です。
エフキャリーならではの研修体制でお客様のニーズにお応えします。

 

IMG_1592.JPG

 
お客様の大切なお荷物を運ぶドライバーの教育をしっかりするとともに安全点検も毎日の日常業務の一環になっています。

エフキャリーの安全への取り組み

1.ドライバーの無事故無違反を徹底させる。
目的は管理者や社員全員に「 安全とは何か? 」ということを再度考える機会を月1回の研修で徹底させ更なるレベルアップを図っています。

2.ドライバーへのアルコールチェック
飲酒運転は言語横断です。
前の日に飲みすぎた、体調によっては前日のお酒が残るという経験は誰にもあることです。
しかし次の日にアルコールチェックが有ると思えば自然に飲む量も減りますし、体調が心配な時は飲むこともやめます。
厳しいようですが、この抑止力こそが荷物もドライバーも守る方法です。

3.出発前の車両安全点検
弊社では走行中のトラックに不備がないように出発前に各自で車両安全点検を必ず実施しています。
さまざまな点検をおこない、荷物もドライバーも守っています。

4.安全運転ランキングの実施
弊社独自の安全運転ランキングを実施してランキング上位者には表彰制度を導入しています。
安全を常に意識した運転に従事できるよう環境作りも実施しています。

5.ドライブレコダーとデジタコとで万全の安全対策
弊社は全車にドライブレコダーとデジタコを搭載しデーターは本社で一括管理しています。
ドライバーを管理するだけではなくドライバーが過労運転にも厳重注意しています。

6.GPSを使ったリアルタイムでの車両確認
24時間荷物がどこにあるか確認できるので、お客様からのお問い合わせにもすぐにお応えできます。

これらの研修体制、万全の確認体制を実施してるからこそ安心してお荷物を預けて頂けます。
宅急便で断られた方、大切なお荷物の配送でお困りの方是非お問い合わせください。

 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

毎月かかる物流費倉庫費を見直しませんか?

毎月かかる物流費、倉庫費諦めていませんか?
どちらも御社にとっての必要経費です。
しかしこれらにかかる必要経費を見直すことで会社の無駄を削減することができます。
随分昔の話ですが、商品の供給に合わせ倉庫に大量の商品をストックしている時代がありました。
今では考えられませんが需要と供給のバランスを整える手段でした。
いかにお客様を待たせず、商品を届けるかは企業にとって一番の課題でした。
しかし必要経費の倉庫は企業に重たくのしかかった為、企業は倉庫費の削減をするようになりました。
生産性を上げお客様のニーズに合わせた物作りをし、大量の商品をストックするのをやめました。
この時に活躍したのが弊社のような運送会社です。
 

b042129551e1c5d70a7169d0f08357d7_s.jpg

 
ストックしない分、生産した商品が出来上がり次第必要な数をトラックに積み運びました。
時代は変わり物流方法も変わりました。
時代ともに変化するのは物流だけではなく、お客様のニーズも変化しました。
1ヶ月のうち全国へ荷物の配送が複数回あり、繁忙期などがはっきりしていて一時的に倉庫が必要などニーズは多様化しています。
弊社はお客様の荷物をお預かり保管できる倉庫があります。
弊社倉庫にお荷物を前もって保管し、そこから全国のお届け先に配送することにより効率よくビジネスを展開できます。
弊社は企業間物流に特化していますので「業務負担の軽減」、「物流コストの削減」によりパートナーとしてのご提案ができます。

弊社は荷主パートナー制度があります。
こんなお客様に荷主パートナー制度はおすすめです。

① 1ヶ月の間に全国への配送が複数回あるお客様
全国に定期的な配送があるお客様には荷主パートナー制度は最適です。
通常の配送料金ではなく、パートナー独自の料金プランでの配送になりますので物流コストが削減することができます。

② チャーター便の利用見直しをお考えのお客様
いつもチャーター便を利用しているが荷物が増え、チャーター便の利用頻度が高くなってしまったお客様にも荷主パートナー制度がおすすめです。
チャーター便を複数回利用するよりも荷主パートナー制度の方が物流費を削減することができます。

③ 自社の倉庫がいっぱいで、保管から配送まで行ってくれる物流会社を探しているお客様
荷主パートナーになると弊社倉庫に荷物をあらかじめ保管しそこから配送が可能です。
効率のいい物流環境がつくれます。

これらのサービスは24時間365日セキュリティで守られお客様の荷物は安全に保管・管理致します。
荷主パートナー制度に興味があるお客様是非ご相談下さい。

 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談