京都 八幡の物流会社【エフキャリー】 では徹底した安全対策のもとで、関西~関東間で物流サービス展開しています。

エフキャリーのコラム

安全輸送についての最近の記事

エフキャリーの安全輸送を支える「車両整備体制」

エフキャリーでは、自社整備工場において車両故障及び、

 

それに伴う事故を未然に防ぐため、定期的に車両メンテナンスを行なっています。

 

毎日、最高のコンディションでお客様のもとへ荷物をお届けできるよう、万全の態勢を整えています。

 

IMG_1644.JPG

 

ボルトの締まり具合やライトの点灯チェック、エンジンのメンテナンスなど、毎日の小さな積み重ねが、

 

エフキャリーが最も大切にしている「安全輸送」を支えているので、

 

整備士さんには大変感謝しております!

 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

徹底した安全対策で、物流のリスク管理を行います。

「リスク管理」の基本は、想定されるリスクが起こらないようにそのリスクの原因となる事象の防止策を検討し、実行に移すことです。
リスク管理は想定されるリスクを徹底的に洗い出し、そのリスクが発生したらどのような影響があるか分析します。
究極のリスク管理は想定されるリスクを予め抱え込んでしまうことです。
エフキャリーでは日常業務から徹底したリスク管理を実施し安全対策を行っています。
私達が考える一番のリスクとは事故です。
どんなに安全運転をしていても起こる事故はありますが、事故によって想定されるリスクの対策として下記をおこなっています。
・ドライバーの安全運転指導を実施しています。
・ドライバーの自社独自の安全運転ランキングをつけています。
・自社所有の車両の安全管理を実施しています。
・自社専用の整備工場での専門点検をしています。
・過量運転にならない為のデジタコによる走行距離を 本社一括管理しています。
・出発前のドライバーによる車両安全点検しています。
・出発前のアルコールチェックを実施しています。
ドライバーもトラックも責任を持って管理することにより、事故のリスクを軽減しています。
大切な荷物を守ることはドライバー、トラックを守ることにつながります。
弊社にとってドライバーはかけがえのない宝です。
どんなに優れた車両を持ち完璧なノウハウを持っていても扱う人が疲れていたり、
油断したりと注意を怠ってしまえば事故は起こります。
弊社は過量運転にならないようにデジタコで走行距離も管理します。
リスク回避を考えるならまずはスタッフの管理で、次に車両の管理です。
車両の定期点検を他社に任せることなく、自社で行うことで手抜きにならず安心です。
2級の整備士の免許を取得したスタッフが責任を持って点検します。
日々行う点検はマンネリ化しがちですが弊社は月1回の研修で管理を怠りません。
研修の目的は全ドライバーへ無事故無違反を徹底させること、管理者や社員全員に
「安全とは何か?」ということを再度考える機会を与える為です。
そして更なるレベルアップを図ります。
当たり前のことを当たり前にできるようになるために、私達は努力を続けます。
人は管理されることで気の緩みを正すことが出来るからです。
出発前の車両点検、アルコールチェックも怠りません。
リスク回避はコストがかかることが多いですが、スタッフの安全、荷物の安全、地域の安全を守ることが一番のリスク回避だと信じています。
私達エフキャリーに任せてください弊社はリスクを常に考え日々努力をしています。

 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

酒気帯び運転、速度超過の撲滅に向けた取り組み。

平成23年5月1日より、運送事業者が運転者に対して実施する点呼において運転者の酒気帯びの有無を確認する際に、
アルコール検知器を使用すること等が義務化されました。
「各事業所ごとにアルコール検知器を備える」こと、
「遠隔地で乗務を終了または開始する場合には、運転者に携帯型のアルコール検知器を携行させる」ことが義務付けられています。
これらを踏まえて弊社ではドライバーが乗務開始前にドライバーの顔色や呼気の臭い、応答の声の調子を目視等で確認するだけでなく、
アルコール検知器を使用してドライバーの酒気帯びの有無を確認しています。
酒気帯びで運転することの怖さはたくさんあります。
 

8afc8a78e4aab3e0526b1f50af159681_s.jpg

 
1.アルコールは反射運動能力、集中力、平衝感覚も鈍らせる。
 アルコールは麻酔作用によって反射神経、知覚、運動能力を鈍らせる症状が出ます。
 その症状としてブレーキやアクセル、ハンドルの操作が遅れます。
2.自制心が低下する。
 運転が乱暴になりスピード違反につながることがあります。
3.視力が落ちる。
 視界が狭くなり色々な物を見落としてしまいます。
4.集中力が低下する。
 判断力も落ち、理性もなくなりミスの意識がなくなることが あります。

酒気帯び運転の怖さはこれらの症状が出ている時に大きな事故に繋がる事です。
アルコ-ルは人により強い人、弱い人、飲むのが好きな人、嫌いな人様々ですが、
酒気帯び運転は弊社のような物流会社に携わっている者だけではなくハンドルを握る全ての者が絶対にやってはいけない事柄です。

酒気帯び運転の先に待っているものは自損事故、人身事故、物損事故などとても大きい事故になるかもしれません。
弊社は速度超過の取り締まりは全車両に搭載している「デジタコ」にて本社で一括管理をしています。
ドライバーにとって運転は毎日の作業のようになってしまいがちです。
通り慣れた道路、見慣れた風景で少々スピードを出しても大丈夫と勘違いをしてしまう事も、あるかもしれないのです。
その気の緩みがハンドル操作を狂わせてしまうことがあります。
この気の緩みが出ないように、管理が必要なのです。

会社を一歩出た瞬間から全てはドライバーの責任下にあります。
弊社のドライバーは無責任なドライバーは1人もいませんが、誰でも管理、監視されているのといないのとでは大違いです。
そのようなことがないようにドライバーと共に安全運転を心掛けています。
酒気帯び運転も速度超過の危険運転も会社だけの取り組みでなくなるものではありません。
スタッフ、会社が一丸となって取り組み事故をなくしていきます。

 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

輸送時の事故防止に向けて、私たちにできる事。

お客さまの大切な荷物を運ぶとき、気を付けなければならないことは破損や紛失、遅延などの物流事故です。
物流事故の原因はたくさんありますが、私達は最大限の対策をしています。

 
9be85d4b26e088d02e0d59069a14c503_s.jpg

 
まず出発前の車両点検を欠かしません。
走行中のトラックに不備があると、お客様からお預かりした大切な荷物をお届けできなくなります。
荷物を届けられない事は物流会社としては、致命的な欠陥になります。
そこで私たちは出発前の車両点検を欠かしません。

チェック項目
1各自でタイヤの空気圧のチェックします。
2ボルトの緩みが無いことをチェックします。
3エンジンオイルの確認をします。
4ブレーキ灯が正しく点灯するかチェックします。

以上のような車両の安全点検を行い、配送に出発します。
弊社が他社との差別化として行っている事は、自社の整備士が全トラックを整備していることです。
二級整備士の資格を持つ経験豊富な社員が責任持って整備します。
ここまでするにはわけがあります。

トラックを整備することは、整備不良による事故を無くすためであり、事故が起きなければ確実に荷物を届けることができます。
荷物を確実に届けることで、次回以降もお客様が弊社を安心して利用していただくことができます。
信頼できる物流会社があるだけで、ご依頼主の会社様にとっての配送課題が減ります。
もちろんお客様の安心、安全も大切なことですが、何よりトラックが走る地域の皆様を守ること、トラックを運転するドライバーを守ることになるからです。

物流会社は荷物をただ運ぶだけの会社ではないと考えています。
事故対策を考える時、自社のことだけを考えているだけでは成立しません。
弊社はそれらを踏まえて自社整備工場を設け、専任スタッフの整備を受けたトラックを走らせます。
それだけではなく、毎日出発前のドライバーによるチェックを欠かさず実施することで、ドライバーも自分自身を守ることになっています。
私達は自社の社員、荷物を運ぶ全国の地域の方を守り、ご迷惑をかけないことがいちばんの事故防止につながると信じています。

事故対策として実践していることは整備だけではありません。
ドライブレコーダーとデジタコでの万全の安全対策を実施しています。
走行時間や走行速度を自動的に記録するデジタコ、交通事故の瞬間を映像で記録するドライブレコーダーが全車両に搭載しています。
輸送時に起きる出来事は色々あります。
渋滞、人、自転車の飛び出しなど様々な道路状況のなか配送するという、仕事ならではの時間との戦いもあります。
もちろんドライバーの体調も大切です。
こういったことを踏まえての事故対策は、多岐に渡ります。

この中で基本となるのがやはりドライバーの体調です。
普段なら機転が利く出来事でも体調不良により事故になることもあると考え、過重労働にならないように本社で走行距離を一括管理しています。
デジタコが活躍する時です。
過重労働は事故をまねくだけでなく、うつ病の原因ともいわれています。
過重労働の定義は長時間労働により、労働者に身体的、精神的に過度な負担を負わせる労働のことをいいます。
これらに対して管理者の責任は重いと考え、全ての車両にドライブレコーダーとデジタコを搭載しています。
弊社はスタッフの健康管理に責任を持ちます。
スタッフはお客様からお預かりした荷物に責任を持って対応します。
エフキャリーは全スタッフあげ事故防止に取り組みます。
そして自社のスタッフだけでなくお世話になっている地域の皆様にも事故でご迷惑をかけることなく運営していきます。

 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

物流に「安全」という付加価値を。

エフキャリーでは安全を追求した物流をしています。
価格以外の面でも付加価値のある物流をご提供いたします。
 

2685794dbf7b09c539ada1e11f055495_s.jpg

 
物流と安全は切っても切れない言葉です。
そもそも物流とは商品を扱う企業やその消費者に、物を届ける過程のことです。
単に商品を運ぶのではなく、荷物の保管など配達に必要な項目も含まれています。
運ぶと言っても「輸送」と「搬送」とは違います。
・輸送は品物を運ぶことです。
・搬送は品物を運んで移すということも含みます。

お客様からお預かりしているお荷物だけでなく、お客様からお客様へと信頼の橋渡しになる荷物をお届けするのが物流会社の使命です。
そしてその使命こそが、物流会社にとってとても大切な安全を司ることになります。
弊社が普段から実施していることは、チャーター便でもスポット便(混載便)でもお客様から指定された時間に集荷、搬入を心がけています。

しかし交通事情は刻一刻と変化しますし、弊社のトラックが事故を起こさなくても他社のトラックなどが事故を起こしていることがあります。
そうなるとお客様の指定通りに搬入できないかもしれません。
その上に万が一弊社のトラックが事故を起こしてしまった場合、お客様からお預かりした大切な荷物も破損し、弊社の信用もなくなります。
事故は相手があってはじめて起こるというだけではなく、車両整備不良が原因で起こる事故もあるのです。
色々な状況を想定し、出発前の車両点検を欠かさず実施しています。
整備専門スタッフも抱え、ドライバーだけに点検をさせるのではなく会社としての点検責任をはたしています。

安全を徹底しなければ信頼を獲得できません。
ですから弊社エフキャリーは特に「安全」という付加価値を意識しています。

安全にも色々あります。
・荷物の安全
・スタッフの安全
・車両の安全
・車両が走る地域の安全

これらの安全を守りながらエフキャリーはお客様から荷物をお預かりし、ご要望にお応えしてています。
急ぎの時も安全を第一に配送します。
大きい荷物も、高価な荷物も、沢山の荷物もどれもお客様にとって大切な荷物ですから、安全を心がけ信頼と一緒にお届けします。
弊社の思いとお客様の思いが1つになって、無事搬入できてから私達の仕事は完了します。
お客様からの感謝の言葉を頂くために、私達は努力を惜しみません。
安全を第一に考え実施しているエフキャリーにぜひ相談してください。
配送プラン、料金と共に安全もご提案致します。
スタッフ一同心からお待ちしています。

 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

京都物流センターを二次倉庫として活用しませんか?

「倉庫が自社商品で埋まっていて使い勝手が悪い」「どこか預かってくれるところはないか」と荷物保管にお困りではありませんか。
毎日生産される商品を保管しておくために倉庫を利用すると思いますが、配送までそこに保管しておくとどうしても倉庫が商品で埋まってしまいます。
保管しておくだけの倉庫ならまだ良いのですが、そこで作業したり、別の用途で使っているとどうしても邪魔に感じてしまうものです。
だからといって、貸し倉庫を利用するとなると、費用がかかってしまいます。

そんな商品の保管場所として、また御社の二次倉庫としてエフキャリーの京都物流センターをご利用頂くことが可能です。
京都物流センターを二次倉庫としてご利用いただければ、社内のスペースを有効利用することができます。
また、弊社は物流会社ですから、急を要する配送にも弊社倉庫から出荷できるので、素早く対応することができます。
わざわざ自社倉庫から商品を運び出し配送依頼しなくても、電話1本で配送の手配ができるのは大きなメリットです。
 

forte4.jpg

 
エフキャリーの倉庫(京都物流センター)は、24時間365日セキュリティで守られています。
そのため、お客様の荷物を安全に保管・管理することができるので、安心して預けていただくことができるでしょう。

京都物流センターを二次倉庫として活用した頂くためには「荷主パートナー制度」を結んでいただく必要があります。
荷主パートナー制度を結ぶことにより、以下のようなメリットがございます。

1.通常の配送料金でなく、パートナー独自の料金プランでの配送となりますので、物流費用を削減することができます。

2.チャーター便を複数回利用するよりも、物流費用を大幅に削減することができます。

3.弊社倉庫に荷物をあらかじめ保管しそこから全国へ商品を配送することができます。

4.御社倉庫スペースを有効利用することができ、効率よくビジネスを進めることができます。

荷主パートナー制度のご利用料金は、荷物量・内容量、集荷日時、集荷場所、お届け階数、お届け場所などにより異なります。
企業様にご要望も考慮して、料金をご提案させて頂きますので、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さいませ。

お客様が抱えるさまざまな物流課題を解決へと導き、最適な物流方法をご提案することで、お客様のビジネスパートナーとしてお役に立ちたいと考えています。
そんな弊社がご提案している荷主パートナー制度は、企業様にとってさまざまなメリットがございます。
ぜひご検討下さいませ。


 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

安全に荷物を運ぶために、トラックの整備は欠かせません。

お客様に荷物を確実に納品するために、「徹底した安全管理」は欠かせません。

エフキャリーが掲げる「徹底した安全管理」には、ドライバーの安全運転指導のほか、
自社で所有するトラック(ウイング車、エアサス車など)への安全管理も絶対に欠かすことは出来ません。
なぜなら、運転するドライバーがいくら優秀でも、荷物を運ぶトラックに不備があれば、
お客様のもとに安全確実に荷物を運ぶことは出来ないからです。

 

IMG_1564.JPG

 
徹底した安全管理を目指し、エフキャリーではトラックの整備を自社の整備員で行っております。
外部の整備会社にトラックの整備を委託すると、整備費用を安くすることが出来るかもしれません。
ですが、私たちの運送にかけるモットーとして、「費用を安く抑える」よりも「費用がかかっても安全を追求する」姿勢のもと、
自社整備にはこだわっております。

 

IMG_1563.JPG

 
全ては、お客様の大切な荷物を、より安全に、より確実にお届けするためです。

お客様の大切な荷物とドライバーの安全は、コストをかけてでも守る。
これは、弊社が掲げる大切なモットーの一つです。

 

IMG_7806 (1).JPG

 

当然、トラックの洗車も欠かせません!
いつもピカピカの状態でお客様のもとへ向かいます!!

 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

物流ミス・配送事故を防止する安全対策とは?

全国には数多くの物流会社があります。
その中で真の安全対策をおこなっている会社はどれほどあるでしょうか。
弊社エフキャリーは万全の安全対策をおこなっており、その取り組みが公益社団法人全日本トラック協会様より評価されました。
結果「安全優良事業所認定書」いわゆるGマークを取得しています。
Gマークを取得している事業所は全国全事業所の約29%ほどです。
物流会社だからこそ安全への取り組みをしっかりやらなくてはならないはずですが、それが不足しているのが現状です。

弊社では自社の安全への取り組みに強いこだわりがあります。
なぜなら「安かろう悪かろう」という物流会社ではなく、値段ではない「安全」という価値をお客さまにお届けしたいからです。
物流ミスや配送事故を防止するためにエフキャリーが取り組んでいる安全対策を紹介したいと思います。

■GPSを使ったリアルタイムでの車両確認で荷物がどこにあるのか素早く確認!

 

IMG_1283.JPG

 
GPSを利用することにより、各車両の動きをパソコンモニターの地図上で確認することができます。
このシステムにより、24時間リアルタイムでどこに荷物があるのかを確認・管理することができます。
お客様の中には、今荷物がどこにあるのかを確認されたい場合があると思います。
そんな時、今荷物がどこにあるかなど素早くお答えすることができます。
また、このシステムは物流ミス・配送事故防止に効果的です。
万が一「荷物が届かない」といった事があっても、すぐに荷物がどこにあるか確認することができるため、大きなミスを防ぐことができます。


■ドライブレコーダーとデジタコで万全の安全対策!
 

IMG_1285.JPG

 
ドライブレコーダーやデジタコは事故の状況などを映像に残すだけのものではありません。
車両の管理を徹底することも目的の一つです。
それにより業務の効率向上が可能となり、荷物をどこに降ろし、どこで何を積んでいるかが手に取るように分かります。
またドライブレコーダーやデジタコがついていることによって、ドライバーもさらに安全運転を心がけます。
お客様の大切なお荷物が破損するなど、配送事故が起きないように丁寧な運転をするのも大切なことです。
こうしたドライバーの意識向上、運転意識向上を目的として安全対策の教育をおこなっています。

また、弊社倉庫でお客様の大切なお荷物をお預かりしておりますが、そこは24時間365日防犯カメラが稼動しています。
防犯カメラはセキュリティとの目的もありますが、物流ミス・配送事故を防止する役目も担っています。
運ぶはずでない荷物を倉庫から運び出し、トラックに積んでしまったら、その時点で物流ミスとなってしまいます。
防犯カメラを設置することにより、そういった事故を防止することができます。

 

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

物流企業が荷物を確実にお届けするための安全対策とは?

お客さまよりお預かりしているお荷物を安全・安心に届けることが物流会社の最も重要な使命です。
無事故でお届けすることが基本であるとともに、ドライバーの安全も確保するのが優良な物流会社と言えるのではないかと考えております。
エフキャリーでは、配送中の安全を確保するため、そしてお客さまからお預かりした大切なお荷物を安全・安心に届けるため、さまざまな安全対策をおこなっております。

【エフキャリーの安全への取り組み】

1.月1回の交通安全研修

弊社では、ドライバーの安全意識を向上させるため、月に1回のペースで交通安全研修をおこなっております。

研修の目的は全ドライバーへ無事故無違反を徹底させること、管理者や社員全員に「安全とは何か?」ということを再度考える機会を与え、
更なるレベルアップを図るためです。
また、この研修は会社にとって大切なドライバーを事故やケガから守るためでもあります。

2.ドライバーへのアルコールチェック

近年飲酒運転による事故が問題視されたことから分かるように、飲酒した状態でハンドルを握るのはとても危険なことです。
前日の夜にお酒を飲みすぎてしまったドライバーが中にはいるかもしれません。
過度な飲酒をすることで、翌日もアルコールが体内に残っている可能性があります。
そのまま運転することは非常に危険です。
弊社では決して飲酒状態で運転することがないように、勤務前に必ずドライバーのアルコール検査をおこなっております。

3.出発前の車両安全点検

ドライバーがどんなに気をつけて運転したとしても、トラックに不備があってはいけません。
弊社では走行中のトラックに不備がないように、出発前に各自でタイヤの空気圧やボルトの緩みがないかなど、さまざまな車両安全点検を必ずおこなっております。

4.安全運転ランキングの実施

ドライバーの安全に対する意識を向上する目的の一つとして、弊社では独自の安全運転ランキングを実施しております。
ランキング上位者には表彰制度を導入しておりますので、確実に意識向上に繋がると考えております。

5.ドライブレコーダーとデジタコで万全の安全対策

弊社ではドライブレコーダーとデジタコを全車に標準装備しております。
そのデータは本社で一括管理しており、いつどこで何が起こったのか確認ができるように万全の対策をおこなっております。

6.GPSを使ったリアルタイムでの車両確認

人工衛星を利用した位置情報計測システムであるGPSを利用することにより、各車両の動きをパソコンモニターの地図上で確認することができます。
それにより、24時間いつでもどこに荷物があるのか確認することができます。
お客さまから荷物に関するお問合せがあった際、現在どこにあるのかを素早くお答えすることができます。


チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

月1回の交通安全研修で、ドライバーの安全意識を向上させます!

弊社で活躍しているドライバーは、皆安全意識が高いと言えます。
お客さまからお預かりした大切なお荷物を配送しているとの意識、荷主様に迷惑をかけてはならないとの意識が強いドライバーばかりです。
弊社では社員が一丸となって交通安全に対する意識を高めていることが理由として挙げられます。

全国には数多くの物流会社がありますが、各会社ごとに課題となっているのが「交通安全対策」です。
時間厳守の荷物を運ぶ事が多いドライバーの中には、焦りから交通規則を守らず法定速度を超過したスピードで運転してしまう方もいるでしょう。
そんな焦り運転から生まれるものは「危険」しかありません。
法定速度を超過して運転するという事は、事故を起こす可能性が高いと言えるのではないでしょうか。
他の車や歩行者を巻き込んだ大事故を起こす可能性だって考えられます。
また、交通事故を起こせば、お客さまからお預かりしている大切な荷物も破損してしまうことになります。
トラックを運転しているドライバーだってもしかしたら命を失う事になるかもしれません。
そんな事態を引き起こさないためにも弊社では、どんなに急いでいたとしても、法定速度や交通ルールを厳守することがとても大切だと考えています。

法定速度や交通ルールを守ることはどのドライバーでも分かっているはずです。
日本では子どもの頃から交通ルールについて学びますし、教習所でも学んでいるはずです。
交通ルールは基本中の基本ですが「馴れ」によりどこか忘れてしまいがちです。
そこで弊社では常に交通ルールの基本、交通安全の基本を習慣付けるために、月1回の交通安全研修を実施しております。
交通安全研修を月1回のペースでおこない、全ドライバーへ無事故無違反を徹底させております。
定期的におこなうことにより「安全とは何か?」という事を再度考える良い機会になりますし、ドライバーの安全意識を向上させることができます。
もちろんドライバーだけでなく、管理者をはじめ社員全員で交通安全研修をおこない、物流会社として更なるレベルアップを図っております。
このような交通安全研修は弊社独自の取り組みです。
安全性優良事業所として認定されている(Gマーク取得)弊社だからこそ、より一層「安全」に向けて邁進して行かなくてはならないと考えています。

お客さまからお預かりした大切なお荷物と、ドライバーと言う弊社には無くてはならない大切な社員を守るため、これからも交通安全への取り組みをおこなって参ります。




チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談