京都 八幡の物流会社【エフキャリー】 では徹底した安全対策のもとで、関西~関東間で物流サービス展開しています。

エフキャリーのコラム

運送用語集の最近の記事

しらなきゃ損?ドライバーの共通用語

ドライバーにはさまざまな共通用語が存在することをご存知でしょうか。
そこで、今回はドライバーの共通用語をいくつか紹介したいと思います。
ドライバーを目指している方必見です!

■ガッチャ

ガッチャとはラッシングベルトのことです。
ラッシングベルトを締める時に「ガチャガチャ」と音がすることからガッチャと呼ばれるようになりました。
ガッチャを使うことで、荷崩れを防ぐことができます。

■持ち出し

ドライバーが営業所などからトラックに荷物を積み込んで配送している最中の事を指しています。
要は「持ち出し中=配送中」との意味です。

■宵積み(よいづみ)

輸送する前日以前から荷物を荷主様から預かり、車に積み込んでおくことです。
この言葉はよく、朝一番に荷物を輸送する際に使います。

■テレコ

荷物の配送先を間違ってしまったり、自分が配送予定でない荷物をトラックに積み込んでしまったと言う間違いをした状態を指す言葉です。

■判取(はんとり

荷物を配送先に引き渡した際に、無事荷物を受け取ったとの証明として「受け取りサイン」をしてもらうことです。

■軒下渡し(のきしたわたし)

ドライバーが配送先に無事到着したあと、受取人の搬入口や玄関先まで荷下ろしすることを指す言葉です。

■バラ積み

フォークリフトや機械を使わずに、荷物を全て手作業でトラックに積み込むことを指しています。

■ニトヤ

荷物が割れ物や壊れ物であっても、それに対し保証がなされない事を指しています。
運送会社によっては、ニトヤの荷物を輸送中に壊してしまった場合、ドライバーに保証させることもあります。

■から荷

配送先に荷物を届けたあと、特に集荷先がなくトラックの荷台に何も荷物を積まずカラのまま会社まで帰ってくることを指す言葉です。

■カゴ車(かごしゃ)

運搬用の台車のことです。
トラックに荷物を積む時や下ろすときにスムーズに荷運びをおこなうためのものです。

■天地無用(てんちむよう)

上下逆にしてはいけない荷物のことです。
逆さまにすると破損の恐れがあることから、天地無用を記載されている荷物があります。

■口割れ(くちわれ)

複数の荷物を同一の配送先に配送した時に、荷物の数が足らなかったことを指す言葉です。

■ミルクラン

ドライバーが複数の荷主様のところをまわり、荷物を集荷してくる方式を指している物流方式の一種です。

■水屋(みずや)

運送会社に荷物の提供をする仲介業者を指しています。

■追っかけ

鮮魚や青果など生鮮食品を運送することを指しています。

今回ご紹介したドライバー共通用語はほんの一部です。
他にもさまざまな共通用語があるので覚えておくと便利かもしれません。

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

運送業界の常識!「デジタコ」ってなに?

運送業界の常識とも言える「デジタコ」ですが、一般のお客様にとっては名前こそ聞いたことがあるけれど、どのようなものなのか分からないという場合が多いと思います。
運送トラックに必ずと言って良いほどついている「デジタコ」の正式名称は「デジタルタコグラフ」です。
トラック運転時の速度や走行時間、走行位置などの情報をメモリーカードなどに記録するデジタル式の「運行記録計」がデジタコです。
デジタコを導入する目的は主に「ドライバーの安全運転への向上」と「ドライバーの業務管理」です。

 


デジタコの装備が義務化になる可能性が高くなりました。
交通安全対策や安全管理のための一環としてデジタコを導入するべきとして国土交通省が着実に動いています。
過去に各運送会社のドライバーの中には、業務中にスピード違反などの交通違反をおこなってしまったり、業務とは関係のない場所へ立ち寄るなどの事例がたくさんありました。
会社を離れ、荷物を輸送する中で時間がなくてスピード違反を繰り返し、それが大きな事故に繋がったというケースも耳にします。
そういった行為を未然に防ぐためにも、デジタコの装備が義務化に向けて動いています。

 


また、運送会社によっては、ドライバー人員が不足しており、一人ひとりのドライバーに大きな負担となっている事もあります。
本来なら2人~3人で手分けして配送する業務を一人でこなしているなんて事もあるでしょう。
そういった場合、国が定めた労働時間を超過している事が多く、ドライバーに大きな負担となってしまいます。
寝不足がたたり事故を起こしてしまう、疲労のため肉体的にも精神的にも参ってしまうなんてことも。
ドライバー達を守るためにも、デジタコが活躍します。


【デジタコの特徴】

■走行中の速度や走行時間、高校距離といったデータをリアルタイムで正確に記録することができる

■位置情報やエンジン回転数を記録することができる

■急加速、大幅なスピード違反、無駄なアイドリングなど、危険運転をしていることが明確になるため、ドライバーの安全運転意識の向上に繋がる

■記録された運行データをパソコンや専用ソフトウェアにて迅速に分析することができる

エフキャリーでは、ドライブレコーダーとデジタコで万全の安全対策をおこなっております。
ドライブレコーダーとデジタコを前者標準装備にしております。
そのデータは本社にて一括管理しており、いつどこで何があっても対応できるよう、万全の安全対策をおこなっております。


チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

ドライバーの豆知識!眠気対策の秘訣とは?

長距離ドライバーにとって「眠気」との戦いは大変なものです。
走行中はまだ良いのですが、渋滞にはまった時の眠気は相当です。
しかし、その眠気に負けてしまったら大事故に繋がることもあり得ます。
居眠り運転が起こらないためにも、眠気対策はドライバーにとって必須です。
 

57520c888e69e9c333ba30b67fcc0f79_s.jpg

 
長距離ドライバーにとって、十分な睡眠をとっておくことはとても大切なこと。
ただ、食後や午後3時以降はどうしても眠気を感じやすいものです。
そこで、ここでは運転中に眠くなったら行いたい「眠気対策」をまとめてみました。

■仮眠を取る

本当に眠いと感じたら、走行するのを停止し、安全な場所へ移動して休憩や仮眠を取ることが大切です。
10分~30分程度の休憩・仮眠を取ることで眠気がスッキリ取れることが多いです。
ただ、30分以上の仮眠は逆に眠気を増長させてしまいかねませんので、長くても30分以内にしておきましょう。

■窓を開けて換気する

窓を開けて車内の空気を入れ替えることで眠気が治まることがあります。
二酸化炭素の濃度が高いことで眠気が起こることが実証されています。
窓を開けて新鮮な空気を取り込むことで、二酸化炭素の濃度が低くなり眠気が治まります。
また、寒い冬には暖房をかけて運転することが多いと思います。
暖房を止めて窓を開けることで車内温度が一気に下がるので、眠気も一気に治まるでしょう。

■ミント系のガムを食べる

眠気を覚ますのに「ミント系のガム」を食べるのは基本です。
常にミント系のガムを持ち歩くことをおすすめします。
できればミントが強い「辛い」ガムがおすすめです。
また、ガムを噛み顎を動かすことで脳の覚醒を促します。

■コーヒーを飲む

コーヒーにはカフェインが含まれています。
カフェインは脳に直接作用するため、覚醒しやすいと言われています。
眠気を覚ますならブラックコーヒーが良いでしょう。

■歌を歌う

運転中に一人で歌うのは少々恥ずかしいような気がしますが、歌と歌うことが眠気覚ましになります。
歌を歌うことにより、脳を活性化させるので眠気が取れるでしょう。

■冷たい水で顔を洗う

眠気が起こったら、トラックを止めて冷たい水で顔を洗いましょう。
サービスエリアやコンビニなどで顔を洗えば目が覚めるでしょう。

このように、さまざまな眠気覚ましの方法があります。
どれも簡単に実行できるものばかりです。
居眠り運転による事故など起こさないためにも、少しでも眠気を感じたら眠気対策を実行しましょう。

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談

ウイング車とエアサス車のトラックの違いって?

弊社ではさまざまな商品の配送に対応できる様に、ウイング車・パワーゲート車・幅員狭小道用のハイエース等、各種揃えています。
そのため、お客様それぞれの用途や輸送内容に応じて、スピーディーな物流が可能です。
弊社に寄せられるお客さまの声には「ウィング車」と「エアサス車」の違いを教えて欲しいとの質問があります。
そこで、ここではウィング車とエアサス車のトラックの違いについてご説明させていただきます。

UNIDSC05254_TP_V4.jpg

【ウィング車】


「ウィング=羽」と、その名の通り、鳥の羽のように荷台のパネルが開閉するトラックをウィング車と呼んでいます。
側面のパネルが開閉するため、大型の荷物や大量の荷物もスムーズに積み下ろしが可能です。
側面から荷積みをするため、隙間なく荷物をつめるのがウィング者の大きな特徴です。
また、側面のパネルを開くと、それが屋根代わりとなりますので、雨天時でも荷物を濡らすことなく安全に積み降ろしをすることができます。
ウィング車の開閉は油圧もしくは電動モーターです。
ちなみに、ウィング車はアルミで作られていることから「アルミウィング車」とも呼ばれています。
他にも「ガルウイング車」「側面開閉車」と呼ばれることもあります。
通常のトラックの場合、開閉は後方扉になります。
その場合、荷物を奥まで積むのが困難であったり、奥に積んだ荷物を取り出すのが大変です。
それを全て解消してくれるのがウィング車です。

【エアサス車】

「エアサス」とはエア・サスペンションの略です。
エアサス車はエア・サスペンション付きのトラックのことで、サスペンション構造に空気バネを搭載しているため、微細な振動を吸収しながら運送することができます。
空気圧を調整して車高を一定に保つことができるので、走行中の振動や衝撃を抑えることができます。
大切な荷物やデリケートな荷物の運送に安心なトラックです。
また、荷降ろしの際も、エアサスで車高を低くすることができるため、破損リスクが軽減されます。
一般的なトラックは走行中に大きな衝撃があった場合、それを吸収することができません。
そうなると大切な荷物を破損してしまうリスクが高まります。
エアサス車は大切な荷物を運ぶのに適していると言えるでしょう。

弊社ではあらゆる車両をそろえて、安全かつ迅速に荷物をお届けしております。
4tウィング 7.2mのパワーゲート車や狭道用のハイエースなど、お届け先や荷物に合わせて車両を選び配送しております。

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談