京都 八幡の物流会社【エフキャリー】 では徹底した安全対策のもとで、関西~関東間で物流サービス展開しています。

エフキャリーのコラム

ウイング車とエアサス車のトラックの違いって?

弊社ではさまざまな商品の配送に対応できる様に、ウイング車・パワーゲート車・幅員狭小道用のハイエース等、各種揃えています。
そのため、お客様それぞれの用途や輸送内容に応じて、スピーディーな物流が可能です。
弊社に寄せられるお客さまの声には「ウィング車」と「エアサス車」の違いを教えて欲しいとの質問があります。
そこで、ここではウィング車とエアサス車のトラックの違いについてご説明させていただきます。

UNIDSC05254_TP_V4.jpg

【ウィング車】


「ウィング=羽」と、その名の通り、鳥の羽のように荷台のパネルが開閉するトラックをウィング車と呼んでいます。
側面のパネルが開閉するため、大型の荷物や大量の荷物もスムーズに積み下ろしが可能です。
側面から荷積みをするため、隙間なく荷物をつめるのがウィング者の大きな特徴です。
また、側面のパネルを開くと、それが屋根代わりとなりますので、雨天時でも荷物を濡らすことなく安全に積み降ろしをすることができます。
ウィング車の開閉は油圧もしくは電動モーターです。
ちなみに、ウィング車はアルミで作られていることから「アルミウィング車」とも呼ばれています。
他にも「ガルウイング車」「側面開閉車」と呼ばれることもあります。
通常のトラックの場合、開閉は後方扉になります。
その場合、荷物を奥まで積むのが困難であったり、奥に積んだ荷物を取り出すのが大変です。
それを全て解消してくれるのがウィング車です。

【エアサス車】

「エアサス」とはエア・サスペンションの略です。
エアサス車はエア・サスペンション付きのトラックのことで、サスペンション構造に空気バネを搭載しているため、微細な振動を吸収しながら運送することができます。
空気圧を調整して車高を一定に保つことができるので、走行中の振動や衝撃を抑えることができます。
大切な荷物やデリケートな荷物の運送に安心なトラックです。
また、荷降ろしの際も、エアサスで車高を低くすることができるため、破損リスクが軽減されます。
一般的なトラックは走行中に大きな衝撃があった場合、それを吸収することができません。
そうなると大切な荷物を破損してしまうリスクが高まります。
エアサス車は大切な荷物を運ぶのに適していると言えるでしょう。

弊社ではあらゆる車両をそろえて、安全かつ迅速に荷物をお届けしております。
4tウィング 7.2mのパワーゲート車や狭道用のハイエースなど、お届け先や荷物に合わせて車両を選び配送しております。

チャーター便のご相談

スポット便のご相談

荷主パートナー制度のご相談